教育活動部会

教育活動部会 部会長あいさつ

看護基礎教育の向上・発展・充実を目指して年8回の教育活動部会会議を計画し、5月の総会後本格的な活動をスタートさせています。社会情勢の変化に応じて、医療・看護に期待されることも多様化しています。「地域包括ケアシステム時代」「看護師教育の4年生の必要性の提言」など、看護基礎教育が取り組むべき事柄は多くあります。看護師養成校同士の横のつながりを強化し、それぞれの学校がより良い教育が実践できるよう、情報交換・意見交換しつつ課題解決策を見出していければと思っています。看護師等養成機関連絡協議会、神奈川県保健福祉局保健医療部保健人材課看護指導グループ、県立保健福祉大学実践教育センターと連携をし、充実した活動になるように取り組んでいきたいと考えています。円滑な活動となりますよう、皆様のご支援をお願いいたします。

湘南平塚看護専門学校 藤原 瑞穂

活動内容

Ⅰ 目的

教育活動部会(教務主任会活動)の活性化を図り、神奈川県内の看護師等養成機関相互の連絡調整を図ることにより、看護基礎教育の向上・発展・充実を目指す。

Ⅱ 主な役割

  1. 定例の教育活動部会会議の企画・運営
  2. 看護学生のつどいの企画・運営
  3. 在宅看護論実習施設連絡会を企画・運営
  4. 研究助成事業

Ⅲ 構成メンバー

部会長、各支部長(3人)、各支部の看護学生のつどいの当番校代表者(3人)、合計7名。

Ⅳ 活動内容

主な活動 内容
教育活動部会会議 年8回会員校の代表者が集い午前は関連機関との情報交換、支部・課程別活動、午後は部会活動を行っている。
看護学生のつどい 支部毎に当番校を決めて、年1回実施している。開催時期は10月。
在宅看護論実習施設連絡会議 年1回、会員校の在宅看護論担当者と訪問看護ステーションの代表者で情報・意見交換を行っている。
看護教育研究助成事業 年に3件、助成額は1件あたり4万円。申請者の募集、委員会での審査・選考後申請者を決定。2年間での研究経過・発表の報告を受けている。
研究助成要綱〔PDF〕
(様式1) 研究計画書〔Word〕
(様式2) 研究活動中間報告書〔Word〕
(様式3) 研究結果報告書〔Word〕
(様式4) 研究結果報告延期願〔Word〕

平成29年度 研究助成申請の募集について