新着情報

会員限定新着情報

神奈川県看護師等養成機関連絡協議会とは

神奈川県看護師等養成機関連絡協議会とは、神奈川県内のすべての看護師等養成機関が会員校となり、相互の連絡調整を図りながら看護基礎教育の向上発展に寄与することを目的とする会です。このような組織を展開しているのは全国的に見ても神奈川県ただ一つであり、さらにこの会は、神奈川県、神奈川県看護協会、神奈川県病院協会、神奈川県看護部長会等の諸団体とも親交を深めており、多方面から看護基礎教育を捉えるべく活動しております。

 

また、その歴史は古く、1968年発足以来半世紀を迎えました。当時は県内にはまだ大学がなかったため、看護専門学校の看護婦課程と准看護婦課程の教務主任会が中心となり、県の医療整備課看護指導班の指導を受けて、教員研修や看護学生のつどいなどを行っていました。現在の会員校は、大学13校、短期大学3校、看護専門学校26校、看護大学校1校、准看護師学校1校の全44校1,145名の会員数を数えます。ともに看護基礎教育の発展を目指し、臨地と協働しながら、神奈川県の看護師等の育成や養成機関の向上に努めています。

会長あいさつ

平素より当協議会にご協力ご支援頂き、有り難うございます。

昨年度より、新型コロナ感染拡大状況の影響で活動が全体的に縮小し、神奈川県看護教育フォーラムも2年連続で開催を断念いたしました。しかし、各学校でのオンライン環境が十分に整わない中であっても、看護教員研修のオンライン開催、専任教員養成支援事業の対面開催、および、2022年保健師助産師看護師法指定規則改正に向けたオンラインシンポジウムを実施いたしました。また、調査・研究部会は、「新型コロナウィルス感染拡大による看護師等養成機関への影響及び対応に関する調査」を実施し、県内のオンライン授業や実習状況を明らかにしました。この調査結果については、会員限定新着情報から閲覧できるようになっておりますので、ご覧下さいますようお願いいたします。

 

こうした状況下、総会後の第2回役員会では、当協議会は、神奈川県内の看護系学校の期待にどのように応えることができるのか、話し合いました。ホームページやオンラインミーティングを活用した交流や意見交換を、I C T教育やコロナ禍における学生支援、会員の研究活動の成果発表をテーマに展開できればと具体化しているところです。

 

また、11月12日(金)に実施予定の機関長会議では、「今後の神奈川県看護師等養成機関連絡協議会のあり方」について討論する企画を立案中です。コロナ禍であるからこそ、逆に協議会活動の中核が見えてくると考え、今年度は、今できることに取り組みながらも、今後の協議会活動に向けてじっくりと考える年度と致します。皆様の忌憚ないご意見をお待ちしております。

 

神奈川県看護師等養成機関連絡協議会会長
榊 惠子