調査・研究部会

調査・研究部会 部会長あいさつ

調査・研究部会は、調査・研究事業を行うことが主な事業内容となっております。看護教育内容の変化や看護学生の質の変化に伴い、看護教員の勤務環境は大きく変化していることが予測されます。昨年度「神奈川県における看護師養成機関教員の勤務実態調査」の報告書をまとめ、看護教員は時間外勤務或いは自宅業務負担の多い労働状況下にありやりがい感に支えられていることが分かりました。今年度の取り組みは、昨年度の意識調査の結果で「講義の準備をする時間が足りない」「仕事に追われて生活にゆとりがない」「教員としての資質向上の時間が取れない」「教員の行う仕事が多すぎる」の項目間の相関関係が高く出た項目と、業務記録(タイムスタディ)の実際を分析し、労働環境の適正化につなげた課題を明らかにしたいと考えます。

また、神奈川県看護師等養成機関連絡協議会研究倫理審査委員会開催時の委員として、審査および事務を担当しています。協議会会員が所属する機関に研究倫理審査委員会がなく、広く研究対象者を募る研究を対象に倫理審査をしていますので、この研究倫理審査委員会を活用していただき、看護基礎教育、臨床実習に関する研究を推進していただければ幸いです。

厚木看護専門学校 島田 真由美

活動内容

Ⅰ 目的

学術の発展に向けた現状調査・研究を通じて、看護基礎教育の質を向上させる。

Ⅱ 事業内容

1.教育活動部会・役員会での問題提起を把握し、課題を整理して現状調査・研究を行う。
2.調査・研究事業への企画・調整を行う。

Ⅲ 活動内容

1.今年度の活動テーマに沿った調査・研究を行う。
2.研究倫理審査会申し込みへの企画・調整を行う。

Ⅳ 主な年間計画

内容 ダウンロード資料
4月 今年度の活動テーマ、内容検討
5月 研究倫理審査会申し込み者への企画・調整および開催 調査研究部会研究倫理審査委員会規定〔PDF〕
9月 研究倫理審査会開催
11月 調査・研究部会が実施した調査研究
神奈川県看護教育フォーラム申し込み
3月 「神奈川県看護教育フォーラム」にて発表

Ⅴ 過去の調査研究資料

内容 ダウンロード資料
第18回神奈川県看護教育フォーラム 神奈川県における看護師養成機関教員の勤務実態調査〔PDF〕
日本看護学教育学会第 27回学術集会 神奈川県における看護師養成機関教員の勤務実態調査〔PDF〕